看護師求人 年齢制限

良い看護師求人見つけても年齢制限で応募すらできない!って本当?

看護師求人に年齢制限はありません。平成19年10月の雇用対策法改正により、人材募集や採用に年齢制限を設けることができなくなりました。そのため年齢に関係なく求人に応募することができます。でも、やっぱり30代までの若い世代と同じように求人側は見てくれません。そこで年齢を気にして思うように転職ができない40代以上の方がスムーズに転職する方法を紹介します。

目次開く

いつの間にか歳を取った私。

「もう45歳だし、転職するには年を取りすぎている」そう思うのが普通ですよね。

世間的には、転職するなら35歳までと聞いたことがあります。転職に年齢制限はないと思うけど、45歳の私にできるのかな?って私のように思ってる中高年女子!実は、そんな心配は無用なんです。

40代・50代でも転職は可能ということがわかりました。もちろん応募もできます。

しかも、「看護師の転職」は条件面においても高待遇であるなど色々なことがわかったので、転職する時に感じた年齢のことや不安要素をまとめました。

今は40代・50代の人が転職を機に活躍する時代みたいですよ。一緒に頑張りましょう。


看護師求人に年齢制限はありません!もしあったらその病院は質が低い可能性が?!


求人の年齢制限廃止

平成19年10月に雇用対策法が改正され、労働者を募集したり、採用する時に年齢制限を設けてはダメ!となりました。(参考資料 : https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/nenrei.pdf

その理由は、企業や病院が「年齢にとらわれず、人物・能力本位の採用をするため」です。


ただし、年齢制限をかけることができる例外はあります

年齢制限をかけることができるのは、定年年齢を設けている場合です。看護師の場合、60歳が定年の病院が多いのでこの場合、「59歳まで」と年齢制限がある場合があります。

しかし、高年齢者雇用安定法が改正され、平成25年4月1日に施行されました。(参照記事 : http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koureisha-taikei.html)これは「生涯現役社会」の実現にむけた高年齢者のための就労促進を目的とされています。

この改正により60歳~65歳の定年後も就労を受け入れる病院が増えることでしょう。看護師に限らず、全職種が対象です。


とはいっても、求人に年齢制限が設定されてないだけで、実際には年齢制限があるんじゃない?

その可能性は十分あります。では、45歳以上の看護師さんの転職不安要素を見てみましょう。


45歳以上の看護師転職の不安要素
  • なんだかんだいっても年齢制限あるんじゃないか
  • 転職という状況だと待遇が悪くなったりする?
  • ブランク期間が長いけど平気なの?
  • 45歳で新人扱いはちょっと嫌だな・・・

看護師は売り手市場、やる気があれば転職・就職は可能!厳しい年齢制限はありません

ポイントは経験

前述のとおり、定年後も働ける施設が増えているので、45歳以上でも再就職や復職、もちろん転職もぜんぜん可能です。

看護師は、生涯資格を活かせる職業なので、結婚や出産を機に退職する人が多く、潜在看護師を求めている病院やクリニックが増えていることを考えると、45歳以上で経験が豊富な看護師さんは厚待遇で転職することも可能です。

師長や部長を募集する看護師求人もあるのでチェックしてみると良いでしょう。

また、家事と仕事を両立させたい方に人気があるのが、老人ホームなどの介護施設や訪問看護です。今、クリニックよりも施設を希望する45歳以上の看護師さんが増えており、求人の需要も高いので比較的楽に職場を見つけることが可能です。

この内容のまとめ
正職員で転職したいなら、経験を活かして管理職募集の求人をチェックしてみるのが良い。就業時間を決めたいなら病院やクリニックよりも介護施設や老人ホームを選ぶと働きやすいです。

では、40歳以上の看護師さんはどのようなところで働いて、どんな条件で働いているのでしょうか。


人手不足の看護師業界だからこそ待遇が気にならないくらいの好条件での転職が可能

高待遇での転職が可能

45歳以上の看護師さんがなかなか採用されない時に気にするのが、「年齢の高い看護師は、それなりの給料を出さないといけないから、採用されない」ということです。

でも実は、そんなことはありません。

年齢だけで判断してくる病院はこちらから願い下げくらいの勢いで転職した方がちゃんと人物を見てくれる良い職場に出会えます。それにブランク期間を作らなかった看護師の場合、かなりの高給与で働くことが可能。

逆にブランクからの復職の方は、給料低めになってしまいますが、実力不足で年齢が考慮された高い給料をもらうと、返って気を使わなければならない。ということもあるので、実力相応の給料のほうが気が楽という見方もあります。


では、年齢を気にしている方の状況別におすすめの求人を紹介します。


40歳以上の看護師さんのタイプ別におすすめの求人を紹介

年齢は関係ない

看護師の職場は病院やクリニックだけではありません。看護師さんのライフスタイル別におすすめの職場を紹介します。

夜勤ができないなら「クリニックや訪問看護」

仕事に復帰したいけど、家のことも疎かにできない。今の病院だと夜勤やらないと居づらい・・・など、自分の時間に合わせて働きたい40歳以上の看護師さんは、老人ホームや訪問看護の仕事が人気あります。

過去に老人ホームや介護施設での就業経験がない方でも今看護師さんが最も足りてない分野になるので、大歓迎されます。

また、働いている方が同じ世代なので、自分だけでなくみんな子育てや家のことをこなしながら働いているので、気のあう人達と仕事できます。とても働きやすい環境だと思います。

管理の仕事がしたい「公立病院よりも民間病院で高給与が狙える」

過去の経験を活かして病院に復帰したい方や転職を機にキャリアアップするなら、管理職の仕事をおすすめします。

大学病院等は、管理職を募集することがほとんどありませんが、医療法人の病院は、管理職看護師を募集で採用します。

管理職経験が必須の場合がありますが、管理職未経験でもチャレンジさせてくれる病院もあります。

看護師長の年齢層は一般的に40代以上ですが、管理職未経験の方の場合は、主任から初めて師長になる流れが一般的なようです。

参考サイト

ブランクあるけどバリバリ働きたい!「50床から100床の病院で高給与が狙える」

子育てが落ち着き、またバリバリ看護師として働きたい!そんな方は、急性期の中でも、人手不足に陥ってない病院を見つけることが大事。

でも、夜勤をこなしながらは精神的にがんばりたくても、体がついていかないことも。300床以上の病院になると、夜勤の回数が増えたり、残業が多く忙しくなるので、50床から100床の中規模病院を狙うのがおすすめです。

40代以上に50歳以上の転職がすごく大変。大変な理由は「新しい人間関係」

50代看護師の転職で大変な人間関係

45歳の転職で悩む方がいれば、50歳をすぎて転職を悩む方もたくさんいます。50歳以上というと、肉体的・精神的に45歳の時よりもきつく感じます。でも50歳の転職でもっとも大変なことは「人間関係」。50歳をすぎて新しく人間関係を築くのは、血管やルートを探すことより大変神経を使います。

そこで、45歳をすぎた転職で活用したいのがナース人材バンクなどの看護師専門の紹介会社です。


看護師専門の紹介会社って?

現在50歳前後の方は、20代の時にナースパワー人材センターに登録して、転職活動した記憶はありませんか?当時の看護師転職活動といえば、ハローワーク、ナースバンク、ナースパワーのどれかだったと思います。

ナース人材バンクは、ナースパワーと同じ看護師専門の人材紹介会社です。看護師向け雑誌の出版も行っているので、馴染みがある企業ですよね。


ナース人材バンクってどんな会社?

ナース人材バンクの公式サイト

ナース人材バンクは、数多くある看護師紹介会社の中で求人数が多く、転職エージェント数も多い業界大手の転職支援サービスを行っています。

業界最大手というと若い看護師が使っているイメージがあるかと思いますが、ナース人材バンクは、求人数が多く利用者数が多いことから、幅広い年齢層の看護師が利用しています。

ナース人材バンクに相談して転職先・復職先を探してもらうことで、人間関係が気づきやすいように自分にあう職場を紹介してもらうことができます。

まずは、60秒以内で完了する無料会員登録を行うと、後日担当者から電話がきますので、年齢を気にしている旨をお話ください。

利用者が多いだけでに、心遣いの行き届いた対応をしてくれるので、気持ちよく転職・復職の第一歩を踏み出せます。

詳細はこちらから
https://www.nursejinzaibank.com